ジアミン 副作用

ジアミンの副作用って?ヘアカラー・白髪染めを使う時に注意したい話

永久染毛剤と言われる酸化染料に含まれるジアミンは、発色が良く髪を綺麗に染められる事から市販のヘアカラー、白髪染めの多くに使われています。

 

安い価格で購入も出来る事から、多くの人が使用していると思いますが、使い過ぎには注意したい染料です。

ジアミンの副作用

繰り返し使用した事による症状

かぶれなどのアレルギー症状(かゆみ、湿疹、ただれ、ヒリヒリ感など)

ショック症状

呼吸困難、アナフィラキシーショック、目に入った時の失明

長年使用つづけた事による症状

肝臓がん、腎機能障害、造血障害(再生不良性貧血)、白内障など

アミン系成分:パラフェニレンジアミン(PPD) 、パラトルエンジアミン(PTD)、ニトロパラフェニレンジアミン(ONPPD)など

 

使っている白髪染めがジアミン入りかどうかをチェックする→

 

ジアミンの他にも含まれている危険な成分

アレルギー症状を起こしやすいジアミンですが、市販の白髪染めには他にも危険と言われる成分が含まれます。

過酸化水素水(脱色剤、酸化剤、防腐剤)の副作用症状

肝臓障害、遺伝子損傷、発がん性

レゾルシン(保存剤、防腐剤)の副作用症状

腎臓障害、甲状腺機能障害など

 

ジアミン入りの白髪染めでかぶれたら、ただちに使用をストップ!

重篤な副作用もあるジアミン系の染毛剤ですが、皮膚が赤くなった、ピリピリする程度ならまた使っても大丈夫.....と思ってしまうかもしれません。

 

しかしジアミンでかぶれるのは、アレルギー反応なので、二度と使う事は出来ません。

 

そのまま使い続けると重大な病気につながる可能性もあります。

 

特に問題ない場合は、ジアミン染料はどのくらいの頻度で使える?

少なくとも2か月は間隔をあけるようにしましょう。

 

頻繁に使うと髪も痛みます。

 

長年使い続けるのはあまりおすすめしませんが、どうしても使いたい場合は体調の悪い時は避けるようにしてください。

 

また、分子が小さく皮膚の奥まで入り込みやすいので頭皮などにつかないよう、気を付けて下さい。

 

ジアミンなし、防腐剤なしの無添加白髪染めもあります。

髪や身体の健康を考えて安全性の高い白髪染めを使いたい方には、天然染料で染めるタイプの白髪染めをおすすめします。

 

皮膚についても問題ない低刺激なタイプなので、小さいお子さんがいってしょっちゅう抱っこをしている方や、免疫力の衰えたお年寄りなどにも人気があります。

 

*天然成分で染める無添加白髪染め*

ジアミンの副作用って?ヘアカラー・白髪染めを使う時に注意したい話

page top