天然 無添加の白髪染め

天然・無添加の白髪染め〜肌に優しい染料にこだわりたい人に〜

髪や身体への優しさを考えて、天然素材で出来た無添加白髪染めやヘアカラーを選ぶ方が増えてきています。

 

天然成分(植物成分)で染められる白髪染めといえば、ヘアカラートリートメントとヘナですが、特に手軽に染められるヘアカラートリートメントの人気が高まっています。

 

美しく染まる無添加白髪染め

人気のヘアカラートリートメント

 

ルプルプ

染まりやすいのに手につきにくい!使いやすさNo.1の白髪染め

ルプルプ

天然・無添加の白髪染め〜肌に優しい染料にこだわりたい人に〜

ヘアカラートリートメントの中でも、染まりやすいと人気が高い白髪染めです。髪にはしっかり色がつくのですが、手につきにくく使いやすさも抜群です。


昆布のフコイダンがトリートメント効果、育毛効果が高いと言われ、髪のボリュームが気になり始めた世代にぴったりです。

商品値段 3,240円 初回購入1,980円/200g (1回あたり約300円)
最初に染まるまで 乾いた髪に使用→約1〜2回で染まる
濡れた髪に使用→約3〜4回で染まる
1度染まった後の使用頻度 白髪の量が多い→1週間に1度〜2度くらい
白髪の量が少ない→2週間に1度くらい
色の種類 ナチュラルブラック、ダークブラウン、ブラウン、モカブラウン
香り ほのかなラベンダーの香り
天然・無添加の白髪染め〜肌に優しい染料にこだわりたい人に〜

ルプルプの染色成分:紅花、藍、クチナシ

 

レフィーネヘッドスパ

美髪成分たっぶり!女性リピータが多い白髪染め

レフィーネヘッドスパ

天然・無添加の白髪染め〜肌に優しい染料にこだわりたい人に〜

頭皮に付けた瞬間、シュワ―っとまるで炭酸マッサージを受けているような気分になる白髪染め。テクスチャーが柔らかめで使いやすく、アロエ、ラベンダー、ミント、レモングラス、ショウガなど肌に良い成分がたっぷりで頭皮と髪が見違えるほど元気になるカラートリートメントです。


さわやかなレモングラスの香りがクセになる!と何十回もリピートしている女性が多い人気商品。

商品値段 3,334円/300g (1回あたり約300円)
最初に染まるまで  乾いた髪に使用→約1〜2回で染まる
濡れた髪に使用→約3〜4回で染まる
1度染まった後の使用頻度 白髪の量が多い→1週間に2度くらい
白髪の量が少ない→2週間に1度くらい
色の種類 ダークブラウン、マロンブラウン、ローズブラウン、ナチュラルブラック
香り 爽やかなレモングラスの香り
天然・無添加の白髪染め〜肌に優しい染料にこだわりたい人に〜

レフィーネヘッドスパの染色成分:クチナシ、アナトーなど

 

利尻ヘアカラートリートメント

かとうかずこさんも愛用していた!世代問わず愛されている白髪染め

利尻ヘアカラートリートメント

天然・無添加の白髪染め〜肌に優しい染料にこだわりたい人に〜

テレビCM、新聞広告でも有名なサスティの白髪染めカラートリートメント。天然利尻昆布が傷んだ髪を優しくトリートメントしながらクチナシ、ウコン、アナトーなどの天然素材で染めていきます。


元祖ヘアカラートリートメントと言うべき白髪染めで、10秒に1本売れています。

商品値段 3,240円 初回購入2,000円/200g (1回あたり約300円)
最初に染まるまで  乾いた髪に使用→約1〜2回で染まる
濡れた髪に使用→約3〜4回で染まる
1度染まった後の使用頻度 白髪の量が多い→1週間に1度〜2度くらい
白髪の量が少ない→2週間に1度くらい
色の種類 ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、ナチュラルブラウン
香り 無臭
天然・無添加の白髪染め〜肌に優しい染料にこだわりたい人に〜

利尻ヘアカラートリートメントの染色成分:シコン、クチナシ、ウコン、アナトー

 

天然染料のヘアカラートリートメントとヘナの違い

ヘアカラートリートメント同様、ヘナも天然成分で出来ている染料ですが、両者の違いはなんでしょうか?

100%天然の植物が使われているのがヘナ

 

ヘナ100%のものは、植物のヘナが使われています。

 

ヘアカラートリートメントは、ほぼ植物などの天然成分で出来ていますが、植物染料を髪に吸着させる為にHC染料という合成成分が使われています。

 

ヘアカラートリートメントが「無添加」「天然染料」と言われている理由

天然・無添加の白髪染め〜肌に優しい染料にこだわりたい人に〜

 

ヘアカラートリートメントに含まれるHC染料は化粧品などにも使われている安全性が高い成分です。

 

市販の白髪染めに含まれるジアミンはもちろん、ヘアマニキュアに含まれるタール系色素よりも刺激が少なく、皮膚に付着しても問題ないと言われています。
(安全性が高い分、HC色素はジアミンやタール系色素を使った染料よりも染まりづらいです。)

 

HC染料を含みながらも、ヘアカラートリートメントが「無添加」と表示できるのは、健康への影響が懸念されている以下の成分を含まない事が多いからです。

パラペン(防腐剤)、シリコーン、ジアミン、合成香料、鉱物油、タール系色素、酸化剤級アミン等

ヘナ商品には、実はケミカル品も多く存在する

ヘナ自体は植物染料ですが、実は市場にはジアミン化合物という毒性の強いケミカル成分が含まれたヘナ商品も出回っています。

 

このジアミン。市販の白髪染めに含まれている酸化染料で、強いアレルギーやかぶれの症状を引き起こす事の多い成分です。

 

髪や身体の事を考えてヘナを使っているつもりが、実はジアミン入りの染料を使っていた、という事もあるので注意して下さい。

 

ヘナ商品にジアミンが入っているかどうかを判断するには下記が参考になります。
  • 黒や茶色に染まる
  • 10分や15分で染まる

100%のヘナは白髪はオレンジ色になり、最低でも1時間は染めるのに時間が必要です。

 

ケミカル入りではない100%のヘナは、完全に天然の染料になります。

 

ただ、ヘナ自体が比較的強い植物なのでかぶれる人もいます。

 

また油分や水分を奪うので、乾燥肌体質の人が使うと髪がぱさつく事もあります。

 

このような欠点もありますが、天然無添加100%にこだわりたい方は、ヘアカラートリートメントよりもヘナが良いでしょう。

 

ヘアカラートリートメントとヘナ、どっちが人気?

手軽さや染めた後のトリートメント効果の高さから、現在はヘアカラートリートメントの方が人気があります。

 

白髪の多い方の中には、ヘナで染めた後の髪の色がオレンジ色になってしまうからヘアカラートリートメントに乗り換えた、というケースも。

 

染めた後の仕上がりにこだわりたい方は、一度ヘアカラートリートメントを試してみると良いですね。

 

↓ヘアカラートリートメントの主な染色成分↓

天然・無添加の白髪染め〜肌に優しい染料にこだわりたい人に〜

 

各メーカーも「無添加」と伝えている通り、植物染料をメインとした身体に優しい毛染めです。

 

 

 

TOPへ