毎日のヘアケアで使える白髪染めとは?

白髪用ヘアカラートリートメントと白髪用カラーシャンプーの違い

白髪染めにはいろいろな商品があり、髪にどのぐらいのダメージを与えるのかという点が大きく異なります。ヘアカラータイプの白髪染めだと、好きな色に染められるというメリットはあるものの、髪や頭皮へのダメージが大きいため、あまりお勧めではありませんね。しかし白髪染め用のカラーシャンプーやヘアカラートリートメントなら、髪や頭皮へのダメージがないだけでなく、毎日のヘアケアで使うことができるので一石二鳥ですよ。

 

白髪用カラーシャンプーと白髪用ヘアカラートリートメントは、毎日のバスタイムで使うことができるアイテムで、ライン使いしても問題ありませんが、どちらか片方だけを使っても白髪を染めることができます。ただし、シャンプーとトリートメントでいくつか違いがあるので、その点は理解した上でどちらを使うか決めると良いでしょう。

 

白髪用カラーシャンプーは、洗髪する度に少しずつ染まるという特徴があり、カラートリートメントよりも染まるまでにかかる時間が長くなります。他人にバレないように白髪を染めたいという人にとってはピッタリの商品ですが、今すぐに白髪をなくしたいという人にとっては、時間がかかることでイライラしてしまうかもしれませんね。少しずつ染まるという特徴があるため、白髪用カラーシャンプーは毎日使うのがおすすめの商品です。

 

一方、白髪用カラートリートメントは、一度の使用でも深く染めることができるので、今すぐに白髪を目立たなくできるという特徴があります。すぐに染まるという点で他人にバレやすくなってしまいますが、そうした点をあまり気にしない人なら、トリートメントタイプの方が満足度は高くなるでしょう。

 

 

白髪用ヘアカラートリートメントと白髪用カラーシャンプーのメリットデメリット

白髪用カラーシャンプーのメリットは、時間をかけてゆっくり染まるために他人にバレにくいという点があります。また、ヘアカラータイプの白髪染めと比べると、素手で取り扱っても皮膚にダメージがないという点で、肌に優しい低刺激性タイプというメリットもありますね。さらに、普段使っているシャンプーを白髪用ヘアカラーシャンプーに置き換えるだけで気になる白髪を染められるという点もまた、大きなメリットと言えるでしょう。

 

デメリットですが、白髪が多い人にとっては、満足できる染め上がりになるまで時間がかかってしまいます。どの商品でも平均2週間程度はかかることが多いですし、白髪が真っ黒に染まるまでには毎日使っても1ヶ月以上かかってしまうケースもあります。この点は、白髪用カラーシャンプーのデメリットと言えます。

 

白髪用ヘアカラートリートメントは、シャンプータイプと比べると比較的素早く染まるというメリットがあります。また、マニキュアタイプのものが多く、髪の表面を色素成分でコーティングできるので、髪がつやつやに見えるというメリットもあります。また、1週間に1度ぐらいの使用で染めた色を維持できるので、コスパという点でもメリットがあります。

 

カラートリートメントのデメリットは、洗浄力が強いシャンプーを使ってしまうと、白髪用トリートメントが洗い流されてしまうという点にあります。毎日使い続けることによって髪の内側まで色が浸透しますが、やはり時間がかかるため、最初の1ヶ月から2か月ぐらいは、白髪用カラーシャンプーとセットで使うか、または洗浄力がそれほど強くないシャンプーを使うなど、工夫しましょう。

 

白髪染めを使う頻度や間隔はどれぐらい?

白髪染めを使う頻度ですが、シャンプータイプは洗うことによって染まるので、できれば毎日使うのがおすすめです。満足できる染め上がりを得るためには、短くても2週間程度、長ければ1ヶ月以上かかるので、そのぐらいは毎日使い続けるつもり通いでしょう。一方トリートメントタイプのものは、毎日使う必要はありません。ヘアマニキュアのように髪の表面をコーティングできるので、1週間に1度ぐらいの使用でもOKです。ただし、洗浄力が強いシャンプーを使っている人は、トリートメントの色素成分が洗い落とされてしまう可能性が高いので、使用頻度を増やすなど工夫すると良いでしょう。

 

白髪染めは、シャンプーとトリートメントをセットで使うのが理想的です。シャンプーをしながら髪の内側に確実に色素を入れながら、白髪が黒髪になるまではトリートメントでヘアマニキュアのように表面をコーディングすることで白髪が目立たなくなるというメリットが期待できますよ。

TOPへ